FC2ブログ

別府温泉(7) 鉄輪温泉 蒸し湯・・・海月文庫

別府駅からバスで25分、湯治場らしい風情が残る鉄輪温泉(かんなわおんせん)へ移動。
この温泉の一番は「むし湯」、鎌倉時代に一遍上人によって造られたそうです。
現在の建物はもちろん最近建てられたものですが、前の風情が良かったらしいです。
P1070004.jpg

扉を屈んではいると、8畳ほどの石室で熱せられた床の上に石菖(せきしょう)と
いう薬草が敷きつめられていて、その上に寝ます。すぐに汗が吹き出します。
鎮痛作用があると云われる薬草の香りの中で心地良い10分間を過ごしますが、
もう少しゆっくりさせてもらいたいもんです。何かせわしない感じです。
P1070015.jpg

むし湯から出ると内湯でユックリ入浴です。
P1070017.jpg
続きは別府温泉(8)で・・・後日アップ予定。

■海月文庫で開催中の作品展の様子はアートスペース日記でどうぞ。
■書籍・古本・古書の買取は海月文庫まで御相談下さい。大阪はもちろん関西一円、買取にお伺いします。
■詳しくは→書籍買取を御覧ください。
■岡田よしたか&たてのかよ夫妻と二人の子供、岡田一家の物語「うちの、ごはん」限定販売中です。
ご興味のある方はコチラで

海月文庫アートスペース WEBショップ 作品展予定 ■アートスペース日記 ■過去(作品展) ■動画 ■アルバム ■募集中 ■利用規約書籍買取古書データ検索 ■地図 ■リンク ■フェイスブック


テーマ : 温泉♪
ジャンル : 旅行

別府温泉(6)竹瓦温泉 砂湯・・・海月文庫

高等温泉の朝はやっぱり朝風呂です。
敷地内に「熱湯」もあるのですが、朝風呂は建物内にある「ぬる湯」で目覚まし。
町営運営なので地元の人達によって部屋もお風呂も手入れが行き届いてます。
P1060991.jpg

なぜか別府駅の周辺には喫茶店や朝食を食べるお店が見当たらないので、
ファミリーレストランで腹ごしらえをして次の温泉に向かいます。
途中で見つけた波止場神社、なぜかその前が小さな風俗街になってました。
P1060992.jpg
P1060993.jpg

高等温泉から徒歩10分程度、別府で有名な竹瓦温泉です。
明治時代から続く温泉ですが、建物は昭和初期に建て替えられたそうです。
P1060996.jpg
P1060997.jpg

建物内も昭和レトロ、よく磨かれて手入れバッチリです。
P1070001.jpg

男湯と女湯の入口を入ると砂湯専用の脱衣場になります。
P1060998.jpg

脱衣場を少し下ると湯船、ガラス戸の向こうが男女混合の砂湯です。
砂かけさんが寝転がった私の顔だけ出る状態まで砂をかけてくれます。
とても気持ちの良い温みが伝わってきてすぐに汗が出てきます。
ただ、15分という制限時間があるのでもう一歩という所で終わってしまうのが残念。
あと、5分欲しいなあという感じです。
P1060999.jpg
続きは別府温泉(7)で・・・後日アップ予定。

■海月文庫で開催中の作品展の様子はアートスペース日記でどうぞ。
■書籍・古本・古書の買取は海月文庫まで御相談下さい。大阪はもちろん関西一円、買取にお伺いします。
■詳しくは→書籍買取を御覧ください。
■岡田よしたか&たてのかよ夫妻と二人の子供、岡田一家の物語「うちの、ごはん」限定販売中です。
ご興味のある方はコチラで

海月文庫アートスペース WEBショップ 作品展予定 ■アートスペース日記 ■過去(作品展) ■動画 ■アルバム ■募集中 ■利用規約書籍買取古書データ検索 ■地図 ■リンク ■フェイスブック


テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

別府温泉(5)高崎山温泉おさるの湯・・・海月文庫

駅前高等温泉の部屋に荷物を置いて、大分在住ミケの大学時代の恩師と合流、
連れて行ってもらったのは、美味しくて安いと地元で評判 お食事呑み処「うれしや」。
ほぼ満員ですが、運良く空きテーブルがありました。
まず旅行者は気が付かない店ですが、メニューが豊富なのでお勧めです。

腹ごしらえを終えて、恩師の車でお勧め「高崎山温泉おさるの湯」へ向かいます。
別府と大分の境辺りの山頂へ向かうようです。真っ暗な山道をドンドン登って行きます。
何の光もないと思っていると突然・・・
P1060978.jpg
このイルミネーションがないと誰も来れないそうです。納得できます。
P1060981.jpg
P1060980.jpg

内湯には誰もいなかったので一枚パチリ。
この奥というか外が広い露天風呂です。アルカリ性単純温泉、ヌメッとした泉質です。
天気の良い時は満天の星空だそうですが、雨でした。
P1060982.jpg
旅の続きは別府温泉(6)・・・後日アップ予定。

■海月文庫で開催中の作品展の様子はアートスペース日記でどうぞ。
■書籍・古本・古書の買取は海月文庫まで御相談下さい。大阪はもちろん関西一円、買取にお伺いします。
■詳しくは→書籍買取を御覧ください。
■岡田よしたか&たてのかよ夫妻と二人の子供、岡田一家の物語「うちの、ごはん」限定販売中です。
ご興味のある方はコチラで

海月文庫アートスペース WEBショップ 作品展予定 ■アートスペース日記 ■過去(作品展) ■動画 ■アルバム ■募集中 ■利用規約書籍買取古書データ検索 ■地図 ■リンク ■フェイスブック


テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

別府温泉(4)駅前高等温泉・・・海月文庫

今日の昼食は、別府で評判の「亀正くるくる寿司」です。
関サバ・関アジ等地魚がとても美味しいお店です。
高いお皿でも340円でリーズナブル、一人2000円位の予算で満腹になります。

さて宿屋は海月文庫周辺で超有名な宿屋・・・
P1060970.jpg

別府温泉 駅前高等温泉です。大正時代からの歴史があります。
P1060972.jpg
P1060971.jpg

部屋は3号室(二人部屋)と7号室(一人部屋)の鍵を渡されたのですが・・・どうしても7号室が見つかりません。
P1060974.jpg

7号室がない!と2階を指さして受付のおばちゃんに言うてます。
P1060975.jpg

おばちゃん曰く「実は5回目の勤務、判るかなあ?」という事で、皆で探しに行くが7号室は結局見つからず。
おばちゃん、責任者に電話しながら再度二階へ・・・私達も後ろをついて行きます。
P1060976.jpg
ありました!とんでもない所に7号室が潜んでました。詳しい話は省略、現地でのお楽しみです。
恐るべし駅前高等温泉、7号室をお勧め致します。
宿代は個室なら一人2.500円(二人部屋or一人部屋)
広間の相部屋は、多分男性のみ可で1,500円どす。
別府温泉 駅前高等温泉のホームページ→ココ
旅の続きは別府温泉(5)にて・・・後日アップ予定

■海月文庫で開催中の作品展の様子はアートスペース日記でどうぞ。
■書籍・古本・古書の買取は海月文庫まで御相談下さい。大阪はもちろん関西一円、買取にお伺いします。
■詳しくは→書籍買取を御覧ください。
■岡田よしたか&たてのかよ夫妻と二人の子供、岡田一家の物語「うちの、ごはん」限定販売中です。
ご興味のある方はコチラで

海月文庫アートスペース WEBショップ 作品展予定 ■アートスペース日記 ■過去(作品展) ■動画 ■アルバム ■募集中 ■利用規約書籍買取古書データ検索 ■地図 ■リンク ■フェイスブック


テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

別府温泉(3) 別府温泉保養ランド・・・海月文庫

別府に行ったら  ココ!です。
今までに味わった事のない野性味あふれる温泉でした。ぜひ体験下さい。
P1060964.jpg

別府温泉保養ランド 紺屋地獄です。
P1060965.jpg
受付です。
P1060966.jpg
長い廊下が続きます。ドンドン行きます。
P1060967.jpg
ググッと下リます。
P1060968.jpg

ようやく浴場の入口です。
P1060969.jpg
この後は、当然ながら撮影禁止区域です。
人が入っていても隠し撮りしているブログもあるようですが、マナー違反ですな。
ご興味のある方は別府温泉保養ランドのホームページでどうぞ!→コチラ 
ホームページの右端のスクロールバーで上下できます。
旅の続きは別府温泉(4)にて・・・後日アップ予定

■海月文庫で開催中の作品展の様子はアートスペース日記でどうぞ。
■書籍・古本・古書の買取は海月文庫まで御相談下さい。大阪はもちろん関西一円、買取にお伺いします。
■詳しくは→書籍買取を御覧ください。
■岡田よしたか&たてのかよ夫妻と二人の子供、岡田一家の物語「うちの、ごはん」限定販売中です。
ご興味のある方はコチラで

海月文庫アートスペース WEBショップ 作品展予定 ■アートスペース日記 ■過去(作品展) ■動画 ■アルバム ■募集中 ■利用規約書籍買取古書データ検索 ■地図 ■リンク ■フェイスブック


テーマ : 温泉♪
ジャンル : 旅行

プロフィール

海月文庫 古本担当「あ」

Author:海月文庫 古本担当「あ」
大阪市淀川区木川東3-3-12(作品展開催時のみ営業)古本買取りは06-6308-5689まで御相談下さい。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR