FC2ブログ

東北温泉旅行四日目(9/4)・・・旅倶楽部(海月文庫)

四日目の朝、後生掛温泉から続く一周40分程の自然研究路に散策に出かけました。
宿屋の裏でも火山性の湯泉が湧出、いたる所で生きた火山現象を観察することができます。
IMG_4261.jpg
IMG_4272.jpg
IMG_4287.jpg
途中にお土産屋さんがあったのはビックリ
P1080214.jpg
P1080202.jpg

後生掛温泉をチェックアウトして車で20分、大場谷地という気軽に高山植物を鑑賞できる湿地帯。
花のシーズンは終わってましたが、気持ちのいい散策路です。
P1080220_20130909193846f11.jpg
IMG_4312.jpg
IMG_4302.jpg

宮沢賢治記念館を経て、宿泊地の鉛温泉「藤三旅館」に到着しました。
IMG_4355.jpg
P1080251.jpg

私達が泊まったのは旅館部ですが、ここは湯治部の宿泊棟へ続く廊下です。
P1080243.jpg

湯治棟の入口にある売店が、旅館部と湯治部の往来を見守っています。
P1080253.jpg
IMG_4363.jpg

私がこの売店を受け持ってから46年という美人のお婆さん。
雰囲気が違うと思っていたら、現社長の御母堂(元女将)でした。
この売店は引退した代々の女将によって営まれているようです。
IMG_4365.jpg
P1080257.jpg

都会のレストランを思わせるお洒落な部屋で頂く食事は美味しいのですが、
何か求めているモノとは違います。落ち度がないというのか、
洗練されているというのか、東京ナイズされているというのか・・・
次回は湯治部で過ごしたいなあというのが旅倶楽部の意見でありました。
P1080239.jpg

IMG_4334_2013090919571043c.jpg
個人的な感想 宿代8.800円 温泉は☆☆☆☆ 食事も☆☆☆☆ 
スタッフ対応は☆☆☆☆

■書籍・古本・古書の買取は海月文庫まで御相談下さい。大阪はもちろん関西一円、買取にお伺いします。
■詳しくは→書籍買取を御覧ください。
■岡田よしたか&たてのかよ夫妻と二人の子供、岡田一家の物語「うちの、ごはん」限定販売中です。
ご興味のある方はコチラで

海月文庫アートスペース WEBショップ 作品展予定  ■過去(作品展) ■動画 ■アルバム ■募集中 ■利用規約書籍買取古書データ検索 ■地図 ■リンク ■フェイスブック旧アートスペース日記

テーマ : 温泉宿
ジャンル : 旅行

東北温泉三日目(9/3)・・・旅倶楽部(海月文庫)

三日目は酸ヶ湯温泉から奥入瀬、十和田湖、大湯ストーンサークル館を経て後生掛温泉に向かいます。
奥入瀬渓流は雨です。時折の豪雨に道路も所々冠水状態です。
IMG_4226.jpg
IMG_4230.jpg
P1080160.jpg

十和田湖に漂う靄が、流れて行きます。
IMG_4231.jpg
P1080163.jpg

大湯環状列石は、縄文時代後期(約4,000年前)の遺跡で、祭礼の場であると考えられています。
環状列石のまわりにはたくさんの貯蔵穴や柱穴があり、遺跡からは土器や土偶等が多数出土しています。
東北関係の資料類を大量に扱った時に環状列石の資料も多く目にしたので興味深かったです。
P1080166.jpg
P1080168.jpg
P1080173.jpg
IMG_4244.jpg
IMG_4234.jpg

海抜1000メートル八幡平伝説の湯「後生掛温泉」に到着、まずはお風呂に向かいます。
木箱から首だけ出してあたたまる「箱蒸し風呂」はよく雑誌に掲載されています。
その他「神経痛の湯」手前の大きい湯船、気泡風呂である「火山風呂」、「泥風呂」、
「サウナ風呂」、「打たせ湯」滝湯、「露天風呂」の7つの温泉浴を楽しめます。
しかし、露天には少しガッカリ・・・閉塞感のある2,3人風呂といった感じです。
P1080195.jpg

楽しみの夕飯は山の幸に美味しい豚肉がメイン。充分に満足できる質量です。
P1080191.jpg
IMG_4254.jpg
個人的な感想 宿代11.700円 温泉は☆☆☆☆ 食事も☆☆☆☆ 
スタッフ対応は☆☆☆☆

■書籍・古本・古書の買取は海月文庫まで御相談下さい。大阪はもちろん関西一円、買取にお伺いします。
■詳しくは→書籍買取を御覧ください。
■岡田よしたか&たてのかよ夫妻と二人の子供、岡田一家の物語「うちの、ごはん」限定販売中です。
ご興味のある方はコチラで

海月文庫アートスペース WEBショップ 作品展予定  ■過去(作品展) ■動画 ■アルバム ■募集中 ■利用規約書籍買取古書データ検索 ■地図 ■リンク ■フェイスブック旧アートスペース日記

テーマ : 温泉宿
ジャンル : 旅行

東北温泉旅行二日目(9/2)・・・旅倶楽部(海月文庫)

二日目は不老不死温泉から弘前を経由して青森県八甲田、酸ヶ湯温泉です。
海沿いの快適なドライブから始まりです。
P1080104.jpg

五能線、驫木駅です。五能線は大雨災害で不通状態した。
IMG_4141.jpg
P1080113.jpg

同じく五能線、遮光器土偶を配した木造駅です。
P1080121.jpg
P1080123.jpg

弘前に向かう道の両側はりんご園が続きます。
P1080129.jpg
P1080128.jpg

弘前到着、弘前城のすぐ近くにあった津軽地酒専門店の石場屋酒店さん
P1080136.jpg
P1080137.jpg

重要文化財 石場家住宅として大切に守られています。
P1080135.jpg

大雨になったので、石場家さんのご好意で重要文化財の一室で、
「ええんかいな?」と思いながらお弁当を広げて休憩させて頂きました。
IMG_4179.jpg

津軽こけし館・・・見事に「こけし」ばかりです。 
IMG_4186.jpg
P1080144.jpg
IMG_4187_20130908203708bdc.jpg

酸ヶ湯に向かう曲がりくねった峠道で濃霧が発生、数メートル先が見えません。
A子嬢のドライブテクニックがさえます。
P1080145.jpg

海抜900m、酸ヶ湯温泉到着です。すかゆは鹿湯(しかゆ)が変化したものらしい。
外から見た温泉施設と宿泊棟です。廊下、階段も大切に手入れが行き届いています。
P1080157.jpg
P1080156.jpg
P1080146.jpg
IMG_4214.jpg

総ヒバ造りの大浴場「ヒバ千人風呂」。
熱の湯、冷の湯、四分六分の湯、湯滝など5つの浴槽があります。
硫黄臭の強い白濁したお湯でスベスベ感が最高です。
誰もいなかったので一枚パチリ。
P1080153.jpg
P1080154.jpg

夕食は山の幸を使った手作り料理が並びます。素朴なもてなしが絶品!美味いです。
P1080147.jpg
個人的な感想 宿代10.500円 温泉は☆☆☆☆☆ 食事も量質共に☆☆☆☆☆ 
スタッフ対応は☆☆☆☆

■書籍・古本・古書の買取は海月文庫まで御相談下さい。大阪はもちろん関西一円、買取にお伺いします。
■詳しくは→書籍買取を御覧ください。
■岡田よしたか&たてのかよ夫妻と二人の子供、岡田一家の物語「うちの、ごはん」限定販売中です。
ご興味のある方はコチラで

海月文庫アートスペース WEBショップ 作品展予定  ■過去(作品展) ■動画 ■アルバム ■募集中 ■利用規約書籍買取古書データ検索 ■地図 ■リンク ■フェイスブック旧アートスペース日記

テーマ : 温泉宿
ジャンル : 旅行

東北温泉旅行一日目(9/1)・・・旅倶楽部(海月文庫)

今年の夏休みは、旅倶楽部で東北温泉旅行に行って来ました。
コンセプトはできるだけ宿代一万円迄で、倶楽部基準で満足できる☆☆☆☆以上の温泉に泊まる。
台風15号が温帯低気圧に変わった翌日、伊丹空港から一時間少しのフライトで秋田空港。
IMG_4087.jpg

心はまだ空にあって身体だけが着地したような感じです。
秋田県男鹿半島を経由して一泊目の青森県深浦町「黄金崎不老不死温泉」に向かって出発です。
P1080057.jpg

男鹿北部にある真山神社は「なまはげ」ゆかりの神社。
菅江真澄(江戸時代の旅行家、博物学者)が歩いた道を登ります。、
真澄関係の書籍を扱った事があるので、興味深く歩きました。
P1080067.jpg
P1080068.jpg
P1080069.jpg
P1080071.jpg

神社の横の「なまはげ館」には、てんこ盛りの「なまはげ」です。
イ・ビョンホンという韓国スターが着た「なまはげ」も展示されてました。
IMG_4108.jpg
P1080076.jpg
P1080086.jpg
P1080085.jpg

海沿いの道が続きます。
P1080087.jpg

道の駅には美味しそうな魚介類が並んでます。
IMG_4149.jpg
IMG_4148.jpg
IMG_4146.jpg
IMG_4147.jpg

象岩で休憩、もう一走りです。
P1080098.jpg

不老不死温泉の駐車場に停めるとすぐにスタッフがやって来て荷物を全部持ってくれました。
館内ですれ違う時も明るい挨拶で、とても気持ちの良い宿です。
チェックインを済ませて、すぐに名物の露天風呂へ向かいます。
P1080101.jpg

誰もいなかったので、一枚パチリ。ひょうたん形をした湯船です。
雑誌等ではとても広く撮られていたので、想像していたよりは狭い感じがしました。
海岸と一体化した、絶景の露天風呂です。荒天だと入浴禁止になります。
お湯は鉄分が酸化して濃い茶褐色、塩分が多目で口に含むと塩辛い。
個人的な感想 宿代10.500円 温泉は☆☆☆☆ 食事も量質共に☆☆☆☆ 
スタッフ対応は☆☆☆☆☆
P1080103.jpg

2013.8/25よりギャラリー日記と古本屋日記をクラゲ日記として、このページに統一しました。
ギャラリー担当「ミケ」、古本担当「あ」

■書籍・古本・古書の買取は海月文庫まで御相談下さい。大阪はもちろん関西一円、買取にお伺いします。
■詳しくは→書籍買取を御覧ください。
■岡田よしたか&たてのかよ夫妻と二人の子供、岡田一家の物語「うちの、ごはん」限定販売中です。
ご興味のある方はコチラで

海月文庫アートスペース WEBショップ 作品展予定  ■過去(作品展) ■動画 ■アルバム ■募集中 ■利用規約書籍買取古書データ検索 ■地図 ■リンク ■フェイスブック旧アートスペース日記

テーマ : 温泉宿
ジャンル : 旅行

プロフィール

海月文庫 古本担当「あ」

Author:海月文庫 古本担当「あ」
大阪市淀川区木川東3-3-12(作品展開催時のみ営業)古本買取りは06-6308-5689まで御相談下さい。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR