FC2ブログ

東北温泉旅行五日目(9/5)・・・旅倶楽部(海月文庫)

五日目は鉛温泉から花巻「高村光太郎記念館」、盛岡「石川啄木記念館」
「渋民尋常小学校」を経て十和田八幡平国立公園内乳頭山の山麓「乳頭温泉 鶴の湯」へ向かいます。

高村光太郎が疎開した花巻にある高村山荘。厠の戸に細工された明かりとり「光」
IMG_4369.jpg

盛岡、石川啄木記念館の横にある渋民尋常小学校。
IMG_4373.jpg

啄木が学び、教鞭をとった教室です。
IMG_4381.jpg
IMG_4385.jpg

超人気温泉宿 乳頭温泉「鶴の湯」に3時半に到着です。
江戸時代から続く鄙びた湯治場感が上手にのこされてます。
P1080291.jpg
P1080290.jpg
P1080294.jpg

早速、お風呂に向かいます。時間が早かったので誰もいない湯船を撮らせてもらいました。
鶴の湯には数種類の泉質の異なる源泉があります。写真は上から露天風呂の一つ、白湯、黒湯。
IMG_4413.jpg
P1080272.jpg
P1080273.jpg

お風呂の行き帰りに利用する道も風情があります。
IMG_4415.jpg

宿舎に灯がはいります。
IMG_4395.jpg
IMG_4406.jpg

夕食の時間です。川や山の幸が並び写真以外にも後から川魚等が運ばれてきます。
ほとんどが自家製、手作り感のある美味しさが口に広がります。お汁はお代わり自由です。
IMG_4397.jpg
IMG_4400.jpg
IMG_4402.jpg

食事が終わると外はもう真っ暗、灯りがきらめきます。
P1080278.jpg
P1080279.jpg

お腹一杯、後は寝るだけ・・・最後の夜です。
P1080283.jpg
個人的な感想 宿代8.550円 温泉は☆☆☆☆☆ 食事も☆☆☆☆☆ 
スタッフ対応は☆☆☆☆ 雨の中で重い荷物を持たせたままでの数分間の案内説明は不親切。
宿棟の玄関にでも先に荷物を置かせてくれるだけで良いのに。その一点のみが残念。

■書籍・古本・古書の買取は海月文庫まで御相談下さい。大阪はもちろん関西一円、買取にお伺いします。
■詳しくは→書籍買取を御覧ください。
■岡田よしたか&たてのかよ夫妻と二人の子供、岡田一家の物語「うちの、ごはん」限定販売中です。
ご興味のある方はコチラで

海月文庫アートスペース WEBショップ 作品展予定  ■過去(作品展) ■動画 ■アルバム ■募集中 ■利用規約書籍買取古書データ検索 ■地図 ■リンク ■フェイスブック旧アートスペース日記

スポンサーサイト



テーマ : 温泉宿
ジャンル : 旅行

プロフィール

海月文庫 古本担当「あ」

Author:海月文庫 古本担当「あ」
大阪市淀川区木川東3-3-12(作品展開催時のみ営業)古本買取りは06-6308-5689まで御相談下さい。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR